助産師になるには乗り越える壁がいくつもあるんです

助産師転職サイト → 助産師になるための道のり

助産師になるための道のり

助産師になるためには、看護師の資格を取得した後、助産師国家試験に合格する必要があります。この助産師国家試験を受けるためは、前提条件として、助産師学校で専門課程を修了し、受験資格を得なければなりません。

助産師国家試験は、合格率90%を超える合格率の高い試験です。そのため、ともすると「助産師の試験って難しくないのでは?」なんて考える方もいらっしゃるようですが、実際は非常に難しく、厳しい国家試験です。それにもかかわらず、これだけ高い合格率を誇っているのは、国家試験の前に、すでに受験者がふるいにかけられ、選抜されているからです。

助産師になる場合、一番の難関だといわれているのは、実は国家試験ではなく、助産師の専門教育を受けるための助産師学校への入学だといわれています。助産師の専門課程を学ぶための学校や教育機関は国内に少なく、定員も限られているため、入学は非常に狭き門です。そのため、助産師国家試験を受ける前に、専門課程をクリアできる素地のない方はすべて落とされてしまうという訳です。

さらに、助産師学校の教育課程は非常にハードなため、「助産師になりたい!」という強い信念を持った方でも、ついていくのがやっとというケースも少なくありません。そのため、せっかく助産師学校に入学することができても、途中で講義や実習についていくことができずに辞めてしまうという方もいらっしゃいます。つまり、助産師国家試験を受験するという方たちは、試験の前にある程度の試練を乗り越えた人たちなんですね。

また、助産師国家試験を受けるためには「高校卒業後、助産課程のある4年制の看護学校・大学に入学する」という方法と、「看護師の資格を取得し、助産師養成学校へ入校する」という方法があります。最近は、看護師の方がステップアップのために助産師資格を取得するケースが多いため、後者の方法がとられることが多いようですが、新卒で助産師として働きたいという方は、前者を選択する傾向が強いようです。