女性にとって助産師は欠かせない存在です

助産師転職サイト → 助産師の業務は女性の一生をサポートする

助産師の業務は女性の一生をサポートする

助産師の仕事といえば、出産をトータル的にサポートしてくれる信頼できるパートナーと言えるでしょう。出産に関する助産行為をすべて行うことができるのが、助産師になります。

出産時以外にも、妊娠時の健診などでも助産師相談という時間が設けられている病院もあり、身体的な面だけでなく、メンタル部分も補ってくれる立場にいるのです。妊娠中や、出産後はストレスがたまりやすく、メンタル面で不安な気持ちになる女性も多いので、親身になって相談にのってくれる助産師の存在は非常に大きなものです。また出産後の育児相談などもしてくれます。

へその緒の切断も行える助産師は、日本では女性しかなれない職業です。男性の助産師は日本にはおらず、女性の気持ちをわかってあげられるのは、同性である女性の助産師なのです。助産師の資格がない看護師は助産をすることができませんので、看護師からステップアップして転職する女性も増えてきています。

業務内容は簡単に言うと、女性の妊娠、出産を長いスパンでサポートしてくれます。出産前の準備から保健指導などをし、どのように出産に臨めばいいかなどを具体的にアドバイスしてくれます。いざお産が始まれば、隣で一緒に頑張ってくれる存在になるのです。出産後は、新生児のケアから、母乳育児の管理、指導なども行ってくれるので、入院して退院するまで助産師にお世話になるシーンは非常に多いです。

妊娠、出産、育児という長い過程をサポートしてくれる助産師ですが、それだけではありません。妊娠前の不妊に悩む女性に対してもケアをしているのです。不妊治療のサポートや、思春期の若い女の子の悩み相談も受けるので、女性の一生をサポートしてくれる強い味方なのです。

また更年期障害の女性などのケアも行っています。助産師は性のプロフェッショナルともいえる存在ですから、非常に責任のある仕事を任されていると言えるでしょう。助産師の業務は多岐にわたりますが、責任のある仕事ですので、やりがいは人一倍感じられることでしょう。