助産師には独立開業できる権利があります

助産師転職サイト → 助産師として独立開業を考える

助産師として独立開業を考える

助産師の働き方というと、病院の産婦人科や助産院に勤務し、助産行為や助産師外来の業務を行うというのが一般的です。また、最近は産婦さんの家を訪問し、行政の指導員として、産後ケアやサポートを受け持つ助産師資格保持者の方も増えてきています。

そして、助産師の働き方として忘れてはいけないのが、助産院・助産所を設立し、独立開業するというものです。助産師には出産・分娩に係わる医療行為は認められていませんが、正常分娩における単独での助産行為を認められているため、条件を満たしさえすれば、助産院の独立開業は難しくありません。

現在、日本国内には助産師の開業した助産院が、およそ300か所あると言われています。需要を満たすだけの十分な数があるとは言えないのが実情ですが、だからこそ、今が助産院を独立開業する好機だと考える助産師さんも少なくないようです。

また、近年、産婦人科より親しみやすく相談がしやすい、助産院での出産を望む女性も増えてきています。現在、年間およそ10000人以上もの女性が助産院、もしくは助産師の立ち会いのもと出産を行っているといわれていますので、今後より一層、助産院の需要は高まると考えられています。

このように助産院の人気が高まりつつあるのは、多くの女性が「自然な形の分娩」を求めつつあることを示しているといえそうです。また、助産師によるお産では、不必要な医療介入や投薬がないため、ストレスや身体的負担を感じることなく、リラックスして妊娠期間を送ることができるという意見も多いようです。

こういった妊婦の要望に即した形の助産院は、やはり出産の現場をよく知る助産師が作り上げるのが一番です。生涯助産師として活躍していきたいとお考えの方は、若いうちに病院や助産院でじっくりとスキルや経験を磨き、将来的には独立開業を目指す、という働き方を考えるのもよいかもしれませんね。

s最近は、助産院開業に詳しい税理士さんや司法書士さんも増えてきていますので、機会があれば、質問などをしてみるのもおすすめですよ。