助産師にしかできない仕事は大きなやりがいを感じます

助産師転職サイト → 助産師の仕事の魅力

助産師の仕事の魅力

病院やクリニックでのやりがいあるお仕事は、医師や看護師だけではありません。産婦人科や助産院で働く「助産師」も、素晴らしい職種です。 新しい命が誕生する「出産」は、多くの女性が経験することでありながら、かけがえのない、奇跡のような出来事です。これを直接助けることができ、立ち会えるのが助産師の仕事です。

助産師の仕事は、出産時のお手伝いだけではありません。妊娠~出産までの10ヶ月間、流産や死産といったリスクと向き合いながら、つわりによる体調不良、出産に対する不安や痛みを抱える妊婦さんの相談にのり、アドバイスしたりサポートするには、大きなパワーが必要です。

それぞれのトラブルに対処して、助産師の知識と経験から正しいと思える判断をくだし、妊婦さんとそのご家族を支えていく責任、そしてひとつの生命を妊婦さんとともに預かっているという責任があります。

このような長い時間を経て赤ちゃんの誕生の瞬間に立ち会えることは、仕事でありながら大きな喜びと達成感をもたらすことでしょう。ひとつひとつ異なる出産に際し、緊張と苦難を乗り越えて得られる感動は、大きなやりがいへとつながります。

出産に関する業務の他にも、若者に性の知識について指導を行ったり、命の尊さについて授業・講義を行ったり、更年期障害や不妊治療の相談を受けることも、助産師の仕事のひとつです。

出産にとどまらず、女性の体の問題について幅広くサポートでき、助けられることも、助産師のやりがいの一部なのです。軒数は昔に比べれば減ったとはいえ、助産院での出産を希望する方も少なくなく、そのニーズについてマスコミで取り上げられることもあります。

お産についての専門性を認められた助産師には、医師と同様の開業権があり、助産院を開いて正常分娩のお産を助産師のみで行うことが可能です。正常分娩では難しい、手術や投薬が必要なお産は、病院の産婦人科医に任せることとなります。

出産するママとしては「一生にそう何度も経験することのない大切な出産を、自分のやりたい方法で行いたい」という方も多く、そのようなときにケースバイケースで相談できるのが助産師です。 産婦人科医の不足から医療機関は常にほぼ満杯の状態なので、助産師が改めて注目をされているという側面もあります。

なんと最高齢89歳の現役助産師さんがいらっしゃるそうですよ。出産や育児のために一度仕事を離れても環境として復帰しやすく、年齢を問わずに長く続けることのできる職業であることも、女性にとって嬉しいポイントです。

助産師の責任の大きさと共に、やりがいや魅力についても理解したうえで「助産師の仕事をしてみたい」「復帰したい」と望むならば、転職サイトを見てみてください。 下記サイトでは、おすすめの転職サイトを紹介しています。自分の希望に合った助産師の職場をみつけて、充実感のある毎日を送ってくださいね。